RSS

Threelicious Cafe & Eatery 今日のお昼はアソークでタイ料理ランチにいきませんか?

2014年4月24日(木) 17時48分(タイ時間)
Massaman Curry Beefの画像
Massaman Curry Beef
Yellow Curry Chickenの画像
Yellow Curry Chicken
Tom Yam Seafood with Noodleの画像
Tom Yam Seafood with Noodle
デザートの画像
デザート
店頭の画像
店頭
店内の画像
店内
 皆さん、いつもランチはどこで何を食べていますか? 「和食」との答えが多いのではないでしょうか? 特に最近は暑くなってきてさっぱりしたものが食べたくなってしまいますが、たまには、「今日はタイ料理が食べたいな」なんて気分になるときありませんか?

 今日は以前から気になっていた「Threelicious Cafe & Eatery」に行ってみました。アソーク駅から徒歩10分ほど。サーミットタワー交差点のソイ21と23を繋ぐ路地にオープンしたこちらのお店。ホテルに併設しているので宿泊客の利用がほとんどかと思いきや、入りやすい雰囲気から通りすがりにふらっとお店に立ち寄るお客さんも結構多かったです。

 店内に入り、一番に目に飛び込んでくる壁に描かれたバンコクの地図は、オーナーさんのお友達による手書きだそうです。

 さて、気になるお料理ですが今回はランチメニューの中から3品オーダーしました。

1. Yellow Curry Chicken  (169バーツ)

 カレーの具が大きめにカットされていて食べ応えがあります。鶏肉の歯ざわりもよく、日本人が好きな味です。何を注文しようか迷ったら、まずはこのチキンカレーを注文しておけば間違いないです。

2. Tom Yam Seafood with Noodle (159バーツ)

 一般的なトムヤムと比べると少し酸味が強く感じましたが、今まで食べたもののなかで一番好きな味付けでした。さらにここのトムヤムの特徴はスープの中にセンレックという麺が入っているのです。これは斬新で面白いアイディアだと思いませんか? 一度食べてみる価値ありです。

3. Massaman Curry Beef (169バーツ)

 1番おすすめなのは世界一おいしい料理とも言われるマッサマンカレー。

「マッサマン」とはイスラム教の意味で、タイ南部に住むムスリム達が食べていたご当地カレーです。8種類のスパイスとピーナッツからの酸味と甘みが独特の風味をだしています。
 あまり辛いのは得意ではない人でもこれなら「ガツガツ」いけるのではないでしょうか。
 ランチメニューではドリンクに食後のデザートにブアットファクトーン(カボチャとココナッツミルクのお菓子)が付いてきます。とても甘く、ココナッツ風味が口の中で広がります。
 ほかのデザートやドリンクメニューも豊富で、お店のイチオシはニュージーランドのアイスクリームのようです。今回は残念ながら食べていませんが、いろんなフレーバーが揃っていて、お客さんの中には最初からこのアイスを食べる目的で来店している人もいました。もしかすると巷ではすでに流行り出しているのでしょうか、要チェックです。

 こちらのお店、平日は夜の10時まで開いているので、ランチ以外でも例えば「仕事のあと帰りが少し遅くなりどこかで軽く食事したいな」というときにも利用できて便利です。アソーク近辺は日本食やイタリアンなどのレストランがあちこちにありますが、落ち着いた雰囲気の店内でゆっくりと食べられるタイ料理屋さんというのは珍しいですよね。お値段はタイ料理としてみると少々高いと感じるかもしれませんが、その価値はあります。ぜひ一度行ってみてください。

Threelicious Cafe & Eatery
32/10 Asoke Rd Vadhana Bangkok 10110
営業時間
 Mon - Sat 9:00―22:00 / Sun 9:00―15:00
《newsclip》


新着PR情報