RSS

住民が幹線道路封鎖、大渋滞で空の便混乱 プーケット

2014年4月25日(金) 11時57分(タイ時間)
【タイ】23日午後、タイ南部プーケット島で、強姦容疑者への制裁を求める住民数百人がプーケット空港に向かう幹線道路を封鎖し、周辺で大渋滞が発生した。プーケット空港では乗客を待ち出発が1、2時間遅れる便が出た。

 発端となったのは20日夜に起きた強姦強盗事件。バイクで走行中の妊娠5カ月の女性(25)が別のバイクに2人乗りした男に蹴られて転倒し、足を骨折。その後、茂みに引きずり込まれ、強姦された。犯人は女性のバイク、現金、携帯電話を奪い逃走した。

 警察は22日、容疑者の双子の兄弟(17)を逮捕。2人は犯行を認めている。

 この事件で住民は警察に対し、容疑者を同行させた現場検証と、誤認逮捕され、2人の逮捕後、釈放された男性への謝罪を要求し、23日午後4時ごろ、道路封鎖に踏み切った。容疑者同行による現場検証はタイで一般的に行われ、被害者の家族、知人らが容疑者に暴行を加えて制裁する場となることが多い。

 警察が誤認逮捕に関わった警官4人を異動したことから、道路封鎖は同日午後11時ごろ、解除された。
《newsclip》


新着PR情報