RSS

タイ航空、3月の旅客数21%減 経営厳しさ増す

2014年4月28日(月) 15時24分(タイ時間)
【タイ】タイ国際航空の3月の旅客数は前年同月比20・9%減の158・6万人だった。搭乗率は68・7%で、前年同月の80・3%を大きく下回った。バンコクでの大規模な反政府デモが影響した。

 タイ航空は2013年の旅客数が4・4%増の2151万人、売上高が0・9%減の2116億500万バーツで、最終損益は120億バーツの赤字だった。今年はデモで外国人旅行者が伸び悩んでいる上、下期には格安航空大手エアアジアがバンコク―日本路線に就航するなど、経営環境が厳しさを増している。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、13日午前、バンコク発サムイ島行きのタイ国際航空TG281便ボーイング737―400型機が降着装置の不具合でバンコクのスワンナプーム空港に引き返し、緊急着陸した。乗...

タイ航空、新規導入2機の安全祈願newsclip

【タイ】タイ国際航空は13日、バンコク郊外のスワンナプーム空港にタイ仏教の高僧を招き、新規導入した旅客機2機の安全祈願の儀式を行った。

業績不振、社内紛争 タイ航空会長退任 後任は空軍司令官newsclip

【タイ】タイの国営航空会社、タイ国際航空は21日、アムポン・キティアムポン会長(内閣秘書官長)が退任し、後任にプラジン・ジャントーン空軍司令官が就任すると発表した。3月10日付。

揺れるタイ航空 倒産、意図的な運航遅延のうわさ否定newsclip

【タイ】タイ国際航空は7日、声明を出し、インターネット上に流れている、同社が倒産するといううわさと、同社の社員が今月5日、同社便の運航を意図的に遅らせたといううわさを否定した。

タイ航空社長が辞任 業績低迷、トラブル続き newsclip

【タイ】タイ国際航空は20日、ソラジャク・カセームスワン社長が健康上の理由で辞任すると発表した。

特集



新着PR情報