RSS

中国軍とロシア軍が東シナ海で共同演習、尖閣諸島西北エリアで初

2014年5月2日(金) 02時35分(タイ時間)
【中国】中国国防部の新聞事務局は4月30日、中国海軍とロシア海軍が上海付近の海域と空域で合同軍事演習「海上協作-2014」を展開すると正式発表した。5月下旬に実施する。

 両国による海上軍事演習は今年に入って2度目。沖縄県・尖閣諸島(中国名:釣魚島)西北エリアで両国が合同演習する初ケースとなる。両海軍は今年1月、地中海で「和平使命-2014」を展開し、テロ行為に対抗するため共同演習した。

 巡視船、駆逐艦、潜水艇など20隻あまりが出動。海上と空中の目標物に向かって、砲弾攻撃などを実施する。

 尖閣諸島近海で演習することによって、日本をけん制する狙い。米国の出方を探る目的もあるとみられる。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】米軍とタイ軍を中心に毎年タイで実施されている多国間軍事演習「コブラゴールド」が11―21日、タイ北部ピッサヌローク県、東部チョンブリ県などで開催される。

タイと中国の特殊部隊が合同演習newsclip

【タイ】タイと中国の特殊部隊による合同軍事演習が9日、タイで始まった。参加する兵士はタイ側185人、中国側135人で、中部ロッブリ県などで20日まで行われる。

スマトラ島でインドネシア・タイ空軍合同演習開始newsclip

【タイ】インドネシアとタイの空軍による合同軍事演習「第16回ELANG THAINESIA」が6月24日、スマトラ島のインドネシア空軍基地で始まった。7月6日まで行われる。タイ空軍からは攻撃機アルファジェット4機...



新着PR情報