RSS

反タイ政府派、5日にエメラルド寺院前で大規模集会

2014年5月2日(金) 14時21分(タイ時間)
【タイ】プミポン国王の戴冠記念日で祝日となる5日、タクシン元首相・政府支持派と反タクシン・反政府派がバンコクで大規模な集会を予定している。

 野党民主党のステープ元副首相率いる反政府派は同日午後、仏教寺院ワットプラケーオ(エメラルド寺院)前の王宮前広場にプミポン国王の誕生日の色である黄色の服を着て集合し、国王への忠誠とタクシン派インラク政権打倒、政治改革の達成を誓うとしている。

 タクシン派団体「反独裁民主戦線(UDD、通称赤シャツ)」は同日、バンコク西部タウィーワタナー区のウタヤーン通り(アカサ通り)で集会を開く方針。
《newsclip》


新着PR情報