RSS

抗生物質検出、日本がベトナム産エビ回避か

2014年5月5日(月) 20時08分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム産のエビから高濃度の抗生物質「オキシテトラサイクリン(OTC)」が検出されたとして、日本企業が輸入先をインドやインドネシアに切り替えることを検討しているもようだ。ベトナム・インベストメント・レビューが1日伝えた。

 ベトナム水産物輸出業者・生産者協会(VASEP)によると、日本側の方針は高濃度のOTCの検出が続いていることが原因で、同協会は農業・農村開発省に対し、エビ養殖地への管理強化を求めた。

 日本と欧州に輸出されたベトナム産エビがOTC検出で返送された例は、1―4月に11件を数えた。
《newsclip》


新着PR情報