RSS

中国とベトナム、パラセル諸島で衝突

2014年5月8日(木) 15時13分(タイ時間)
【ベトナム、中国】ハノイからの報道によると、南シナ海のパラセル諸島(中国名・西沙諸島、ベトナム名・ホアンサ諸島)周辺で7日、採掘準備をしていた中国の海底油田掘削装置(リグ)を護衛中の中国艦船と採掘を阻止しようとしたベトナム海洋警察の艦船が衝突した。

 中国側の放水で割れた窓ガラスなどにより、ベトナム側の船員6人が負傷し、数隻の船体が損傷したもようだ。

 パラセル諸島を含む南シナ海は、中国、ベトナムなどが領有権を争う海域で、今回の衝突は中国とベトナムの間では近年で最大規模。

 ベトナム政府の発表では、現場海域はベトナム本土から220キロメートルの排他的経済水域内だという。

 これに先立ち、中国海事局は今月初め、中国海洋石油総公司(CNOOC)がパラセル諸島付近で2日から海底資源探査を実施すると発表していた。

 一方、中国外務省の華春瑩副報道局長は7日、「ベトナムは中国企業の正常な作業を妨害した」と非難した。
《newsclip》


新着PR情報