RSS

中国:上海のTOTO工場で従業員千人スト、待遇改善を要求

2014年5月9日(金) 01時08分(タイ時間)
【中国】上海市松江区の輸出加工団地で6日、TOTO(5332/東証)グループ傘下工場の労働者約1000人がストライキを起こした。

 給与の支給基準額が引き下げられたことに反発。東陶華東公司の工場では、監視カメラがすべて破壊された。日本国籍の総経理1人を取り囲んだ上で、労働者の一部が殴打したとする情報もある。負傷の程度などの詳細は明らかにされていない。一連のストは、翌日になっても続いたという。複数の中国メディアが8日付で伝えた。

 ある労働者によると、今年は給与水準の引き上げを見送られたばかりか、逆に月額ベースで1200人民元(約1万9600円)程度にまで減らされた。経営者は日本人と聞いたが、我々労働者側は退任を要求する署名活動を展開。ほぼ全員の署名を得たという。ネット上でも、同様の書き込みがみられている。

 東陶華東公司の工場は、松江工業区の聯陽路に位置。衛生用の陶器製品50万件以上を生産する。このほか半製品、電子部品の組み立ても行う。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報