RSS

タイ航空、1―3月26億バーツ赤字 乗客15%減

2014年5月18日(日) 16時21分(タイ時間)
【タイ】タイ国際航空は1―3月の売上高が前年同期比11・6%減の495・3億バーツ、最終損益が26・2億バーツの赤字だった。

 政局混乱、治安の悪化を受け、乗客数が15・3%減の481万人に減少。搭乗率は前年同期の79・8%から70・1%に低下した。

 4月の搭乗率は71・7%(前年同月75・8%)。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】4月29日、フランクフルト発バンコク行きタイ国際航空923便が故障でキャンセルされ、搭乗予定だったタイ人60人がフランクフルト空港のトランジットエリアで一夜を過ごすはめになった。

【タイ】タイ国際航空の3月の旅客数は前年同月比20・9%減の158・6万人だった。搭乗率は68・7%で、前年同月の80・3%を大きく下回った。バンコクでの大規模な反政府デモが影響した。

【タイ】4月16日、バンコク発北京行きのタイ国際航空TG674便の機内で、乗客の中国人3人がけんかし、1人が機内食のナイフとフォークで襲われてけがをした。

【タイ】タイのテレビ報道によると、13日午前、バンコク発サムイ島行きのタイ国際航空TG281便ボーイング737―400型機が降着装置の不具合でバンコクのスワンナプーム空港に引き返し、緊急着陸した。乗...

業績不振、社内紛争 タイ航空会長退任 後任は空軍司令官newsclip

【タイ】タイの国営航空会社、タイ国際航空は21日、アムポン・キティアムポン会長(内閣秘書官長)が退任し、後任にプラジン・ジャントーン空軍司令官が就任すると発表した。3月10日付。

タイ航空社長が辞任 業績低迷、トラブル続き newsclip

【タイ】タイ国際航空は20日、ソラジャク・カセームスワン社長が健康上の理由で辞任すると発表した。



新着PR情報