RSS

タイ国営企業の反政府スト タイ航空、電力、水道、電話は?

2014年5月20日(火) 01時01分(タイ時間)
【タイ】タイ国営企業労組連絡会幹部が18日、ステープ元副首相率いる反政府デモに同調し、22日からストライキに入ると発表したことを受け、ニュースクリップは主要国営企業の労組に対応を聞いた。

 タイ国際航空の労組は22日から労組加入者に休暇を取らせ、反政府デモに参加させる方針。一方、タイ航空の経営側は19日、22日以降も通常通り運航すると表明した。

 タイ国鉄の労組は、反政府デモに参加するものの、鉄道の運行は通常通り行うとしている。

 バンコク都バス公社は通常通り運行する見通し。

 タイ発電公社(EGAT)のスンチャイ総裁は19日、発電、送電に支障は出ないと言明した。

 首都電力公社(MEA)労組はデモ、ストに参加しない。

 国営電話会社TOTの労組は22日から労組加入者に休暇を取るよう呼びかける方針。ただし、業務に支障は出ないとしている。TOTの従業員は計約2万3000人で、このうち労組加入者は約1万8000人。

 首都水道公社(MWA)労組はデモに参加するものの、業務に支障は出ないとしている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)は19日、1―3月のタイの国内総生産(GDP)が前年同期比0・6%減、前期比2・1%減だったと発表した。昨年後半から続く政局の混乱が影響した。

【タイ】バンコクの反タクシン元首相・反政府デモを指揮する野党民主党のステープ元副首相は17日、26日までにタクシン派政権が崩壊しない場合はデモを中止し、27日に警察に出頭すると発言した。

特集



新着PR情報