RSS

タイ軍の戒厳令布告 閣僚は警戒、不信感

2014年5月20日(火) 16時19分(タイ時間)
【タイ】タイ首相代行を務めるニワットタムロン副首相兼商務相は20日、同日戒厳令を布告した陸軍に対し、憲法の枠内で行動するよう求めた。また、「平和的に、差別せず、平等であるべき」と述べ、軍が反政府・反タクシン元首相派側につくことに警戒感を示した。

 ジャトゥロン教育相はインターネットの交流サイト「フェイスブック」に、「戒厳令について、事前にも事後にも軍から政府に連絡がなかった」、「戒厳令の理由、目的がわからない」などと書き込んだ。また、戒厳令で「一時的に暴力ざたが減るかもしれないが、将来、国民の自由を阻害する恐れがある」として、否定的な考えを示した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】20日に戒厳令を布告したタイ陸軍は同日、反タクシン元首相・反政府派、タクシン・政治支持派などの衛星テレビ局10局と地方の違法ラジオ局の放送を停止させた。

タイ軍が実質的なクーデター、今後のシナリオは?newsclip

【タイ】タイの政治混乱は陸軍による戒厳令布告で新たな局面を迎えた。

【タイ】タイ陸軍が戒厳令を布告した20日朝、バンコクでは企業、商店のほとんどが通常通り営業し、市民が高架電車BTSで出勤、通学する姿がみられた。一部企業が社員を自宅待機させたという報道があるが、混...

【タイ】20日未明に戒厳令を布告したプラユット陸軍司令官は同日、ラチャダムヌン通りと総合庁舎前(ジェーンワタナ通り)の反政府デモ隊およびバンコク西部ウタヤーン通り(アカサ通り)の政府支持派デモ隊に...

【タイ】タイ陸軍のプラユット司令官は20日朝、戒厳令を布告した。国民の安全、財産を守るためで、クーデターではないとしている。

特集



新着PR情報