RSS

〈業界事情〉 セーブエナジー(省エネ)・地球温暖化対策 Global Eco Innovation Co., Ltd.

2014年5月21日(水) 03時02分(タイ時間)
〈業界事情〉 セーブエナジー(省エネ)・地球温暖化対策 Global Eco Innovation Co., Ltd.の画像
〈業界事情〉 セーブエナジー(省エネ)・地球温暖化対策 Global Eco Innovation Co., Ltd.
遠藤 敏雄 氏 (President)

向上してきた省エネ・環境保全意識 新自然冷媒ガスでの地球温暖化対策

LED照明管に交換するだけで実現可能な省エネ

 弊社は2010年、LED(発光ダイオード)照明管をはじめとするエコ・省エネ商材の総合商社として設立。日本では以前から認知され、東日本大震災の発生後に急速に普及していったLED照明管だが、タイで注目されるようになったのはこの数年だ。

 当初は省エネや環境保全を推進する政府機関や大手企業に限られていたが、最近は大小さまざまな企業がLED照明管の導入を検討するようになった。より積極的なのはやはり日系企業で、弊社のお客様も日系の割合が高い。また、最近は建設会社も新築からLED照明管を取り入れるようになった。

タイでの需要は昨年辺りから伸びている。電気代の値上がりも大きな理由の一つだろうが、省エネや環境保全の意識が格段に向上したといえる。

 LED照明管は通常の蛍光灯や電球から交換するだけで省エネが可能、電気代は単純計算で50%―70%となる。そのような明快な製品であっても、実は品質も価格もピンキリ。省エネを達成しない代物も少なくない。

 企業がLED照明管を導入する場合、数百本・数千本という単位での交換も珍しくないが、品質にバラツキがあると何割かが1年もしないうちに切れてしまったり、点いてもフリッカーでチカチカしたりする。安いといっても普通の蛍光管よりはるかに高額。保証期間内ならまだしも、保証が切れた後で原価償却も途中といったタイミングで自腹交換となると、節電効果どころではなくなる。

 需要の伸びに伴って取扱業者が増え、すでに価格競争が始まっている。市場価格はこの1―2年で3割程度下がってきているが、価格先行ではない品質とのバランスが取れた製品を求めたい。

日本人による設計で品質維持

 弊社はこれまで、日本人が設計して中国や韓国で製造、という製品を取り扱ってきた。今回、タイでの品質・価格・納期をより万全なものとするため、バンコク郊外サムットサコン県に自社アッセンブリ工場を設立、現地生産体制を整えた。「Global Eco」という自社ブランドの投入となる。年内に月産1万本の達成を目指す。

 LED照明管で最も大切なのは電源だ。電源の設計によって寿命・安定というLED照明管の命が決まる。弊社製品はもちろん日本で設計、タイでの製造でその品質をいかに維持していくかが今後の課題となる。ただ、まじめで手先が器用な人材が多いという評価のタイなので、安心できる面は多い。製品はタイ内需向けにとどまらず、周辺諸国や日本にも輸出。設計寿命5万時間で、1日24時間使い続けても5年以上の寿命だ。

日本で破棄される蛍光管は年間5億本、というデータがあるという。LED照明管の大手メーカーでも年間売上は数百万本レベルであり、市場は非常に広大だ。日本で売られるLED製品もたいていは中国や韓国から輸入。タイ製「Global Eco」も日本で知られたブランドに追従できるよう努力していく。 

 また、「LEDエクスポ タイランド」が5月22日―24日、バンコク郊外のイベント施設インパクト・ ムアントンタニで開催され、弊社も出展する。今年は例年に比べて大掛かりなエクスポになると期待されている。

地球温暖化対策に貢献する新自然冷媒ガス

 弊社の新たな取り組みの一つに、地球温暖化対策に貢献する冷媒ガスの普及がある。空調(エアコン)などに使われるそれだ。米国暖房冷凍空調学会ASHRAEの認定を取っており、今回対象となる冷媒ガスは「HCR 188C」で、ASHRAEナンバー「R441A」と「R443A」。日本でもタイでも一般的に「R22」、「R410A」という種類が使われているが、京都議定書やモントリオール議定書ではすでに、先進国並びに発展途上国においてもR22、R410Aの排出規制および最終的な撤廃が義務付けられている。

そのため、日本を含む世界各国でR22、R410Aに替わる新たな冷媒ガスが研究・開発されている。中でも米国ハワイ州に本社を置くA.S.TRUST & HOLDINGSの「R441A 」および「 R443A」は、オゾン破壊係数ゼロ、地球温暖化係数20以下という数値を達成、世界的に注目されている。環境保全に対応した冷媒ガスはほかにも何種類か開発されているが、オゾン破壊係数はゼロだが地球温暖化係数は数百というレベル。R441Aおよび R443Aの20以下という数値は類を見ない。

 弊社は今回、A.S.TRUST & HOLDINGSの代理人としてアジア各国で1国1社の輸入販売総代理店を募ることになった。ベトナム、マレーシア、インドネシアではすでに候補として手を挙げられた企業があり、審査および交渉に入る。当初は現地製造ではなく輸入販売なので、総代理店はエネルギー関連企業に限らず商社もあり得る。タイでも候補企業を選定中であり、日系企業の皆様からもぜひご連絡をいただきたいと思っている。

 空調はR22からR443Aに入れ替えるだけで、作動効率の向上により電気代を平均30%削減できる。日本では国内全てのエアコンの冷媒ガスをR443Aにすれば10基以上の原発が不要になるという試算がある。火力発電所が主力のタイでは、日本よりも地球温暖化対策に貢献できる。LED照明管を併用することによってさらなるセーブエナジー効果を促し、環境保全に貢献していくことが可能だ。

Global Eco Innovation Co., Ltd.
住所:3/186 Srinakarin 46/1 Road, Nong bon, Prawet, Bangkok 10250
電話:0-2138-3988 ファクス:0-2138-3989 担当:中野 086-543-3327
Eメール:nakano@gei-th.com
《newsclip》


新着PR情報