RSS

中国南車の電磁駆動システム、北京市中低速リニア向け受注

2014年5月22日(木) 15時41分(タイ時間)
【中国】北京市の中低速リニアモーターカーS1号線・プロジェクトに関し、中国南車(CSR:1766/HK)は19日、傘下の中国南車株洲所を通じ、6両編成10列をけん引するリニア電磁駆動システムを受注したと発表した。具体的な契約額などの詳細は明らかにしていない。

 北京市中低速リニアS1号線は全長10.2キロメートル。完成すれば、石門英、小園、鉱務局、上岸村、石龍路、四道橋、金安橋、苹果園の8駅を約10分でつなぐ。2015年末の開通を目指す。

 中国南車は機関車、客車、貨車を中心に各種鉄道車両の製造を手がけ、北車集団と国内市場を分け合う。輸出も積極化。東南アジアやアフリカを中心に、30以上の国・地域に輸出する。

 同社株は19日、前日比0.89%安の5.57香港ドルで取引を終えた。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報