RSS

タイ・クーデター 反タクシン派の筋書き通りか

2014年5月23日(金) 00時34分(タイ時間)
静止画像と音楽を流すタイのテレビ(22日)の画像
静止画像と音楽を流すタイのテレビ(22日)
【タイ】タイ陸軍のプラユット司令官は22日、クーデターで全権を掌握し、憲法を一時停止、タクシン元首相派政権を解任した。一方、選挙委員会など憲法で規定された独立組織、裁判所、上院といった反タクシン派寄りの組織は存続させた。

 軍は反タクシン派の妨害などで実施が遅れている議会下院選を成功させ、民主主義を軌道に戻すという選択肢もあったが、政権追放を掲げる反タクシン派についた。今後、非民選の暫定政権を設立し、政治改革案のとりまとめを図るとみられる。将来的には、民政移管のため、議会下院選を実施するとみられるが、時期や選挙方法は不明。今回の政変を演出した反タクシン派の野党民主党は2001年以降、下院選でタクシン派に4連敗中で、政治改革では、タクシン派の復活を封じる下院改革、選挙制度改革がカギとなりそうだ。

 反政府・反タクシン派デモを指揮した民主党のステープ元副首相はデモが本格化した昨年11、12月から、軍にクーデターによる政権追放を呼びかけていた。タクシン派と反タクシン派の「調停」に最近乗り出したアピシット民主党党首(前首相)は下院選の延期と上院による暫定内閣の設立、政治・選挙制度改革を提案しており、今回の流れはほぼ筋書き通りと言えそうだ。

 プラユット司令官はタクシン派団体「反独裁民主戦線(UDD、通称赤シャツ)」による2010年の反アピシット政権デモの強制鎮圧を指揮し、同年、陸軍司令官に昇進した。当時の首相はアピシット党首、副首相はステープ氏で、今回の政変も、この3人がカギを握った形。

 政権を失ったタクシン派にとって、反撃の手立てはUDDによる大規模な抗議集会ぐらいしかなさそうだ。実際、UDD幹部の一部はクーデターが起きた場合、内戦も辞さないとして、独自の民兵組織の創設に動いていた。こうした組織が実際にどう出るかはタクシン元首相次第とみられている。

 今回のクーデターは実質的にはプラユット司令官が戒厳令を発令した20日に始まった。

 プラユット司令官は戒厳令で実権を掌握すると、政治危機の解決策を探るとして、21、22日、閣僚、与党プアタイ(タイのため)と民主党の幹部、反政府デモ隊とUDDの代表を陸軍施設に呼び寄せ、会合を開いた。出席したのはプラユット司令官ら軍の代表のほか、アピシット党首、ステープ元副首相、ポンテープ副首相、チャイカセーム法相(元検察庁長官)、プアタイのプームタム幹事長、UDDのジャトゥポン会長、スラチャイ次期上院議長、選挙委員など。

 消息筋によると、会合2日目の22日、反タクシン派が要求する内閣総辞職を違憲として政府が拒否すると、プラユット司令官は、「政府が譲歩しない、総辞職しないなら、全権を掌握するだけだ」と言って、話し合いを打ち切り、クーデターに踏み切った。会合参加者のうち、上院議員、選挙委員は退出を許されたが、残りは全員、軍が身柄を拘束したもよう。

 プラユット司令官は同日午後、テレビ、ラジオで全権を掌握したと発表。テレビ局、ラジオ局を軍の管轄下に置き、NHK、BBC、CNNなどを含むほぼすべての番組の放送を停止させた。また、22日午後10時から23日午前5時までの夜間外出禁止令を布告。5人以上による政治集会も禁止した。

 UDDが数千人規模の政治集会を行っていたバンコク西部には軍部隊を送り込み、集会を強制的に解散させた。この際、現場で銃声がしたという報道がある。

 バンコク都内のラチャダムヌン通り一帯とジェーンワタナ通りの総合庁舎前の反政府・反タクシン派集会はクーデター後、散会した。

 首相代行のニワットタムロン副首相兼商務相ら閣僚18人は軍への出頭を命じられた。武闘派として知られるチャルーム前労相とその息子は軍に身柄を拘束されたもようだ。

 タイでは2006年以降、地方住民、中低所得者が多いタクシン派と、特権階級、バンコクの中間層を中心とする反タクシン派の抗争が続き、政治、社会が混乱している。

 反タクシン派はタクシン元首相を反王室の腐敗政治家と糾弾し、タクシン政権(2001―2006年)は2006年、特権階級の意向を受けた軍事クーデターで崩壊した。2007年末の民政移管選挙で発足したタクシン派政権も、反タクシン派デモ隊による首相府やバンコクの2空港の占拠で追い込まれ、2008年末、裁判所命令で「選挙違反」により政権を失った。

 劣勢に立たされたタクシン派は「特権階級が軍、司法を動かし、民主主義と法治をねじまげている」と主張し、2009年、2010年とアピシット政権打倒のデモを実施。2010年にはデモ隊と治安部隊の衝突で、91人が死亡、約2000人が負傷した。2011年の下院選ではタクシン派が再び勝利し、タクシン元首相の妹のインラク氏が首相に就任した。

 インラク政権は昨年、タクシン派と反タクシン派の政治抗争で投獄、訴追された人に包括的な恩赦を与える恩赦法案の成立を図ったが、汚職で実刑判決を受け国外逃亡中のタクシン元首相の帰国が可能になるため、10月からバンコクで大規模な反タクシン・反政府デモが始まった。インラク首相は12月、民意を問うとして、下院を解散、総選挙に打って出たが、2月の下院選は、民主党が選挙をボイコットした上、同党の地盤のバンコク、南部などで反政府デモ隊による投票妨害があり、全国375の選挙区のうち28の選挙区で投票が行えなかった。これを受け、憲法裁は3月21日、下院選を無効とする判決を下した。憲法裁はさらに、今月7日、官僚人事をめぐる権力乱用を理由に、インラク首相ら10閣僚を事実上解任。タクシン派政権は選挙管理内閣で権限が限定されている上、首相を失い、半ば漂流状態となっていた。
《newsclip》

注目ニュース

国家システム崩壊の危機 タイ軍介入に歓迎ムードnewsclip

【タイ】20日に戒厳令を発令したプラユット陸軍司令官は軍を出動させてデモを抑え込み、治安維持を図る一方、激しく対立するタクシン元首相派の政府・与党と反タクシン派を交渉のテーブルに着かせる方針だ。

【タイ】タクシン元首相・政府支持派の一部は27日、東北部ナコンラチャシマ市で記者会見を開き、東北部の若者60万人で新たなタクシン派組織を結成する構想を明らかにした。

タイ総選挙 南北対立鮮明、国家分断の恐れもnewsclip

【タイ】タイのテレビ報道によると、2日の議会下院総選挙は全77都県の投票会場約9万4000カ所のうち、反タクシン元首相派の民主党の地盤のバンコクと南部を中心とする18県の投票会場1万300カ所で、...

特集



新着PR情報