RSS

タイ・クーデター、日米欧が批判

2014年5月23日(金) 10時41分(タイ時間)
【タイ】岸田文雄外相は22日、タイで起きた軍事クーデターについて、「遺憾」であり、「民主的な政治体制が速やかに回復されることを強く求める」とした談話を出した。

 外務省は同日、タイの政変を受け、石川南部アジア部長をヘッドとする外務省連絡室を立ち上げた。現地の情勢把握、邦人の安全確保に務める。

 タイのクーデターについて、米国のケリー国務長官は「正当性はなく、失望している」と述べ、早急に選挙を実施し、民主主義と文民政権に復帰するよう促した。

 欧州連合(EU)も「重大な関心を持って事態の推移を注視している」、「早急に民主主義のプロセスに戻ることが極めて重要」とする声明を出した。
《newsclip》

注目ニュース

タイ・クーデター 反タクシン派の筋書き通りかnewsclip

【タイ】タイ陸軍のプラユット司令官は22日、クーデターで全権を掌握し、憲法を一時停止、タクシン元首相派政権を解任した。一方、選挙委員会など憲法で規定された独立組織、裁判所、上院といった反タクシン派...

【タイ】クーデターで全権を掌握したタイ軍部はタクシン元首相の妹のインラク前首相、義弟のソムチャーイ元首相らタクシン派幹部23人に対し、23日午前10時にタイ陸軍の施設に出頭するよう命令した。

【タイ】タイ軍によるクーデターから一夜明けた23日、バンコクではいつも通りの出勤風景がみられ、大きな混乱は生じていない。

特集



新着PR情報