RSS

タイ軍政、警察幹部らタクシン派粛清 上院廃止

2014年5月26日(月) 23時50分(タイ時間)
タイ軍政、警察幹部らタクシン派粛清 上院廃止の画像
タイ軍政、警察幹部らタクシン派粛清 上院廃止
写真、齋藤正行
タイ軍政、警察幹部らタクシン派粛清 上院廃止の画像
タイ軍政、警察幹部らタクシン派粛清 上院廃止
写真、齋藤正行
軍に出頭するソンティ氏(24日)の画像
軍に出頭するソンティ氏(24日)
写真、齋藤正行
軍に出頭するソンティ氏(24日)の画像
軍に出頭するソンティ氏(24日)
写真、齋藤正行
タイ軍政、警察幹部らタクシン派粛清 上院廃止の画像
タイ軍政、警察幹部らタクシン派粛清 上院廃止
写真、齋藤正行
【タイ】22日のクーデターでタクシン元首相派政権を打倒し全権を掌握した軍事政権はタクシン派の反撃を抑えこむため、警察幹部の粛清、タクシン派有力者の身柄拘束などを進めている。

 軍政は22日、軍施設で会合を行っていたタクシン派政党プアタイのチャイカセーム法相、反タクシン派民主党のアピシット党首(元首相)、反タクシン派デモを指揮するステープ元副首相(元民主党幹事長)、タクシン派団体「反独裁民主戦線(UDD、通称赤シャツ)」のジャトゥポン議長らをクーデターにともない監禁した。さらに、インラク前首相など有力政治家、閣僚らに出頭を命じ、次々に身柄を拘束した。出頭命令のリストは日に日に長くなり、25日には235人に達した。中には2005―2008年に反タクシン派デモを指揮した実業家のソンティ氏、タイ・ゼネコン(総合建設会社)最大手イタリアンタイ・ディベロップメントのプレームチャイ社長、住宅開発大手ランド・アンド・ハウスのアナン会長兼最高経営責任者(CEO)といった企業経営者、国王夫妻と王位継承者に対する批判を禁じた不敬罪の撤廃を要求する学者らも含まれる。

 出頭を拒否したタクシン派政党プアタイ党首のジャルポン内相、ジャトゥロン教育相の2人は24日に資産を凍結された。

 ステープ元副首相ら反タクシン派デモ隊幹部15人は26日に釈放され、そのまま検察庁に送られ、他のデモ隊幹部10人とともに、反逆罪などで起訴された。ステープ元副首相は98人が死亡した2010年のタクシン派デモ鎮圧の責任者として、謀殺罪でも起訴された。ステープ元副首相を含む25人は26日中に全員保釈された。

 アピシット党首は23日未明、インラク首相は25日に釈放されたもようだ。

 武装蜂起のうわさがあるUDDについては、幹部の拘束を続けているとみられる。

 軍政はまた、アドゥン警察長官、ニパット国防次官、ターリット法務省特捜局(DSI)局長らタクシン派の政府幹部を25日にまでに相次いで解任した。タクシン派寄りとされる警察は幹部の大半の首が飛ぶ事態となっている。

 軍政はタクシン派を力で押さえ込む一方、24日、議会上院を廃止し、行政、立法の全権を掌握した。

 また、不敬罪、安全保障関連の刑法違反、軍政命令違反は軍法会議で裁くと発表した。

 22日に発令した午後10時から午前5時までの夜間外出禁止令は26日も継続。CNN、BBC、NHKなどの放送も停止したままだ。
《newsclip》


新着PR情報