RSS

大日本印刷、ベトナムのカード製造最大手に36%出資

2014年5月26日(月) 23時50分(タイ時間)
【ベトナム】大日本印刷は23日、ベトナムのカード・ビジネスフォーム製造最大手MKスマートと業務・資本提携することで合意し、近日中にMKの株式36・3%を取得すると発表した。

 大日本印刷は最新のICカード製造・開発技術をMKに供与し、MKはベトナムでのICカードの製造・販売を担当する。東南アジアに進出する日系企業などから大日本印刷が受注した製品の製造をMKに委託する。

 大日本印刷は東南アジアでのカードおよび関連製品について、初年度で4億円、2018年までの5年間で累計65億円の売り上げを目指す。

 また、ベトナムで需要拡大が予想されるBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)についても、MKのハノイとホーチミンの工場を活用し、日本でのBPO事業で培った大日本印刷のノウハウを提供して、事業展開を図る。

 MKはベトナムで唯一、国際ブランドのクレジットカードの製造・発行者認定を取得し、ベトナムのトップメーカーとして、金融、通信などのICカードを供給している。

 東南アジアでは、クレジットカードやプリペイドカード、携帯電話用SIMカード、交通乗車券、ETCカードなどのさまざまな用途でICカードの普及が進み、急速な市場の拡大が期待されている。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】大日本印刷は3日、写真のプリントなどに用いられる昇華型熱転写記録材を生産するマレーシア工場が竣工したと発表した。

【ベトナム】大日本印刷は5日、日用品や食品向けにプラスチックフィルム製のパウチやラミネートチューブなどの軟包材を生産するベトナム工場が竣工したと発表した。



新着PR情報