RSS

プールで米国人とイラン人の少年感電死 スクムビット・ソイ22のマンション

2014年6月2日(月) 14時12分(タイ時間)
【タイ】5月30日午前0時過ぎごろ、バンコク都内スクムビット・ソイ22通りの高級マンション「チャーミングレジデント」のプールサイドで、米国人の少年(16)とイラン人の少年(16)が感電し、搬送先の病院で死亡が確認された。

 2人は「チャーミングレジデント」の住人ではなく、住人の知人少年らとプールで遊んでいた際に、プールサイドの電灯によりかかって感電したとみられている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】17日午後10時半ごろ、バンコク都内サトン通りのマンション「サトン・ガーデンズ」(41階建て)で、29階に住む米国人男性(58)が自室から6階部分に転落し、死亡した。

【タイ】9日午前2時ごろ、バンコク都内バンパラッド区のマンション「シティホーム・ラチャダー―ピンクラオ」の28階の部屋から住人のフィンランド人男性(44)が転落して5階の庭に落ち、全身を強く打ち死亡...

【タイ】13日午後10時ごろ、バンコク都内オンヌット通りのマンション「ルムピニ・センター・スクムビット77」の6階の部屋から、この部屋に住むオーストリア人男性(42)が転落し、地上の駐車場で全身を...

【タイ】タイのテレビ報道によると、19日夜、バンコク都内ソイ・スクムビット31通りのマンション、キヤティタニ・シティマンションのペントハウスで、住人のタイ人男性実業家、チャイキリ・シーフアンフンさ...

【タイ】バンコクの新築高層マンションの壁の中身がセメントではなく発泡スチロールや紙だったとして、このマンションを購入した外国人男性が不動産ディベロッパーに抗議している。

特集



新着PR情報