RSS

反タクシン派デモ隊幹部が祝勝会? 高級レストランで貸切パーティー

2014年6月3日(火) 01時00分(タイ時間)
【タイ】1―3月にバンコク都心の主要交差点を占拠するなどした野党民主党系の反タクシン元首相派デモ隊の幹部が5月29日、バンコク都内の高級フランス料理店「4ギャルソン」を貸し切り、盛大なパーティーを開いた。

 デモ隊幹部で富豪のナタポン前民主党下院議員(48)の誕生日パーティーという名目だが、22日の軍事クーデターでタクシン派政権が崩壊し、議会下院選挙の阻止、非民選の暫定政権設立、タクシン派粛清といったデモ隊の筋書き通りに軍が動いていることから、現場は祝勝ムードに包まれたもようだ。指導者のステープ元副首相(元民主党幹事長)は通常の私服だったものの、それ以外の幹部の多くは軍への支持を表明するためか、迷彩服で登場した。

 パーティーに参加したのは、ビール大手ブンロート・ブルワリーのオーナー一族で同社副社長のジュティナン・ピロムパクディーさん、ジュティナンさんの娘でデモ隊の女性活動家として注目を浴びたジパット・クリダーコンさん、ナタポンさんの妻でシーウィコン財閥出身のタヤーさんらで、いずれも資産数億―数十億バーツという富豪だ。

 このうちジパットさんは背中に「ブラパーパヤック(東の虎)」と書かれた迷彩服のTシャツを着用していた。「ブラパーパヤック」とは東部プランジンブリ県駐屯で王妃の近衛師団である第2歩兵師団の別名。今回のクーデターを指揮したプラユット陸軍司令官(60)、タクシン政権を追放した2006年のクーデターで実働部隊を指揮したアヌポン前陸軍司令官(64)、反タクシン派アピシット政権で国防相(2008―2011年)を務めたプラウィット元陸軍司令官(68)はいずれも第2歩兵師団司令官を務めた経歴がある。プラユット司令官はクーデター後、プラウィット元陸軍司令官とアヌポン前陸軍司令官を軍政顧問に任命している。

 ジパットさんの母親は王族のモームルアン(王族の称号)・ピヤーパット・ピロムパクディーさん。ピヤーパットさんはシリキット王妃の侍女を務め、王妃が支援したタイの歴史大作映画「スリヨータイ」に主演した。

 今回のパーティーに関するタイ字紙最大手タイラットの記事(インターネット版)に対する読者の評価は6月2日時点で、「好き」18・4%、「嫌い」31・9%、「楽しい」18・4%、「がっかり」28・5%。英字紙バンコクポストの読者の評価は「好き」48人、「嫌い」492人だった。

 昨年10月から今年5月まで続いたステープ元副首相らによるデモでは、デモ参加者、警官など合わせて28人が死亡、827人がけがをした。今回のパーティーへの批判が多いのは、デモ支持、反対に関わらず、こうした犠牲を軽視するかのようにみられるためとみられる。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】5月22日のクーデターでタクシン元首相派政権を打倒し全権を掌握したプラユット・タイ陸軍司令官は5月30日のテレビ演説で、民政移管のための議会選挙が早くても2015年後半になると述べた。

タイ軍政が顧問任命、タクシン政権の元有力閣僚らnewsclip

【タイ】タイ軍事政権は26日、王族のプリディヤトン・テワクン元財務相(66)、ソムキッド・ジャトゥシーピタック元財務相(60)ら10人を顧問に任命した。

タイ・クーデター 反タクシン派の筋書き通りかnewsclip

【タイ】タイ陸軍のプラユット司令官は22日、クーデターで全権を掌握し、憲法を一時停止、タクシン元首相派政権を解任した。一方、選挙委員会など憲法で規定された独立組織、裁判所、上院といった反タクシン派...

反タイ政府デモ参加の富豪女性、一族の頭痛のタネにnewsclip

【タイ】「ビヤシン」などで知られるタイのビール大手ブンロート・ブルワリーのオーナーで旧貴族のピロムパクディー家が反政府デモで揺れている。

特集



新着PR情報