RSS

対タイ大型投資案件、審査機関が再稼働

2014年6月10日(火) 00時47分(タイ時間)
【タイ】タイ軍事政権は6日、投資額2億バーツ以上の投資案件の審査・認可を行うタイ投資委員会(BOI)本会議のメンバーを任命した。

 BOI本会議は政局混乱の影響で昨年11月から活動が止まり、約400件、投資予定額6600億バーツに上る投資案件が店ざらしになっている。軍政は今週からBOI本会議会合を開き、たまった案件の処理を急ぐもようだ。

 本会議の議長には軍政トップのプラユット陸軍司令官が、副議長にはプラジン空軍司令官が就任した。他のメンバーは工業省、財務省、商務省の各事務次官、国家経済社会開発委員会(NESDB)事務局長、タイ商業会議所会頭、タイ工業連盟会長、タイ銀行協会会長、タイ中央銀行総裁ら。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ投資委員会(BOI)は26日、反政府デモで長期間閉鎖されていたバンコク都内ウィパワディランシット通りの本部での業務を再開した。

【タイ】タイ軍が22日にクーデターで全権を掌握し、タクシン元首相派政権を打倒したことで、投資額2億バーツ(約6・3億円)以上の投資案件のタイ当局による審査認可がさらにずれ込む見通しとなった。

【タイ】タイで昨年11月から停止していた投資額2億バーツ(約6・3億円)以上の大型投資案件の審査認可が5月から動き出す。この間にたまった大型投資案件の申請は約400件、投資予定額6600億バーツに...



新着PR情報