RSS

バンコクでスカンジナビア料理 IKEA Restaurant  

2014年6月10日(火) 12時47分(タイ時間)
バンコクでスカンジナビア料理 IKEA Restaurant  の画像
バンコクでスカンジナビア料理 IKEA Restaurant  
バンコクでスカンジナビア料理 IKEA Restaurant  の画像
バンコクでスカンジナビア料理 IKEA Restaurant  
バンコクでスカンジナビア料理 IKEA Restaurant  の画像
バンコクでスカンジナビア料理 IKEA Restaurant  
【タイ】スカンジナビア料理と聞いてすぐに思い浮かぶのは、ノルウェーのサーモン、スウェーデンのミートボール、フィンランドのニシンやパイぐらいか。

 四半世紀も前に北欧4カ国を旅行したことがあるが、あまりの物価の高さにまともなレストランに入ったのはノルウェーで1軒のみ、そこで食べたのは普通のステーキ。後はほとんど屋台のハンバーガーを食べていた。ハンバーガーといえども、日本の倍近い値段で当時500円以上だったと記憶している。もうひとつ、フィンランド人の知り合いからコメから作るパイ、カレリアンピーラッカをごちそうになったぐらいか。

 バンコクでスカンジナビア料理といえば、最近はスウェーデンの家具販売店イケア内の「イケア レストラン」が有名だ。バンコク郊外バンナー・トラート通り8キロ地点、大規模ショッピングセンターの「メガバンナー」内。セルフサービス形式でテーブル数は相当なもの。オープン当時734席とか報じられていて、ぱっと見た目そんなにあるかどうか分からないが、混んでいて座れないということはまずない。

 プレートを取って料理を選ぶ。最初からいきなりケーキ類のデザート。アーモンドケーキ(65バーツ)やプリンセスケーキ(55バーツ)にスウェーデンの旗が立っており、そのうち試してみたいと思う。次にサラダなどの前菜。並んでいるのはほとんどサーモンで、やはり選んでしまうのはサーモンマリネ。ほかのどの店よりもおいしい、ということはないが、この値段でこの新鮮さなら十分に満足。辛くないマスタードをたっぷりつけて食べる。次に並んでいるのはドリンク類だが、タイで普通に売られている商品も多い。20バーツでおかわり可能なコーラ類はレジで注文、紙コップをもらう。

 メインは10種類ほど並んでいて、パッと目立つのはサーモン・チャイブソース(155バーツ)やポークナックル(195バーツ)など。前菜がサーモンマリネだし、スカンジナビア料理でポークというのもピンと来ない。鶏の手羽を揚げたフライドチキンウイング(2本で55バーツ)も好きなのだが、鶏はタイ料理の方が味も値段も魅力的。やはりここはチェットブラーという名で知られるスウェーデンのミートボールを選ぶ。ちなみにこのミートボールは昨年、馬肉が含まれていていたことが分かり、数カ月販売が見合わされていた。

 見た目も実際の味も冷凍品をボイルしたものだが、その分さっぱりしている。意外だったのがソースも同様にさっぱり味なこと。添えのジャムと共に、ミートボールではなくむしろパンに付けて食べるのが良く合う。15コで135バーツ、20コで175バーツ。1コ当たり0.25バーツしか変わらない。普通に注文すると15コで出てくる。

 料理を選んでレジに並ぶが、週末だと食事時を外しても混んでいるときが多い。といっても5分も並べば順番が来る。

 注目もさほど高くないスカンジナビア料理で、どこにでもあるセルフサービスレストランだが、メガバンナーに行ったときにはついつい入ってしまう。

IKEA Restaurant
住所:IKEA Bangna, Mega Bangna, 38 Moo 6 Bangna-Trad km. 8 Bangkaew Sub-District, Bangplee District, Samutprakarn 10540
営業時間:午前9時30―夜10時 ラストオーダー(キッチンクローズ)午後9時30分
《newsclip》


新着PR情報