RSS

北朝鮮向け武器不正輸出で海運会社起訴 シンガポール

2014年6月11日(水) 23時45分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポール検察当局は10日、北朝鮮向けの武器輸出に関与した疑いで、シンガポールの海運会社「チンポ・シッピング」とシンガポール国籍の取締役1人を起訴した。シンガポール政府が発表した。

 ストレーツ・タイムズなどによると、チンポ社は北朝鮮の貨物船「清川江(チョンチョンガン)号」が昨年7月、キューバでミサイル部品などを積み、パナマ運河を通過しようとしたところを摘発され、パナマ当局に拿捕(だほ)された事件に関連し、同月、パナマの海運会社に7万2000米ドルを送金しており、北朝鮮向けの武器輸出に関連する資金だった疑いが持たれている。

 同社取締役は捜査に必要な電子資料の提出を拒んでいた。また、チンポ社の所在地は在シンガポール北朝鮮大使館と同一住所で、北朝鮮当局の関与が疑われている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】8日午前10時ごろ、タイ北部チェンライ県チェンセン郡のメコン川の川岸で、子ども2人を含む女性13人が不法入国容疑でタイ当局に逮捕された。北朝鮮人とみられ、中国を経て、メコン川の対岸のラオス...

【カンボジア】韓国・聯合ニュースによると、北朝鮮はアンコール遺跡があるカンボジアのシェムリアップに大型の「パノラマ博物館」を建設中で、その目的や背景をめぐって憶測を呼んでいる。

特集