RSS

タイの証券会社キャピタル・ノムラ、野村ホールディングスが103億円で子会社化

2014年6月12日(木) 16時30分(タイ時間)
【タイ】野村ホールディングスは12日、タイの持分法適用会社キャピタル・ノムラ・セキュリティーズ(CNS)を連結子会社化したと発表した。

 株式公開買い付けで、CNS株の60・7%(野村ホールディングスの100%出資子会社ノムラ・アジア・ホールディングによる応募分約13・5%を含む)を約103・2億円で追加取得し、出資比率を85・8%に引き上げた。

 CNSはタイに25の支店を持つほか、ラオスに駐在員事務所を設けている。従業員約530人。2013年12月期の当期純利益は3億9400万バーツ。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ不動産大手ランド・アンド・ハウス傘下の金融持ち株会社LHフィナンシャル・グループは11月27日、タイの証券会社CIMBセキュリティーズ・インターナショナル(タイランド)の株式99・8%...

【カンボジア、タイ】SBIホールディングスは21日、カンボジアの証券子会社SBIロイヤル証券がタイの同業フィナンシア・サイラス・セキュリティーズと業務資本提携を行うことで基本合意したと発表した。

特集



新着PR情報