RSS

タイ軍政、北部チェンライでタクシン派団体解体

2014年6月13日(金) 16時27分(タイ時間)
チェンライで行われたタクシン派団体解散式(13日)の画像
チェンライで行われたタクシン派団体解散式(13日)
写真提供、pr.prd.go.th/chiangrai
チェンライで行われたタクシン派団体解散式(13日)の画像
チェンライで行われたタクシン派団体解散式(13日)
写真提供、pr.prd.go.th/chiangrai
チェンライで行われたタクシン派団体解散式(13日)の画像
チェンライで行われたタクシン派団体解散式(13日)
写真提供、pr.prd.go.th/chiangrai
【タイ】タイ軍事政権はタクシン元首相派が優勢な北部、東北部でタクシン派組織(通称、赤シャツ)の解体を進めている。

 北部チェンライ市では13日、地元のタクシン派団体の解散式が行われ、軍、県庁の担当者が見守る中、タクシン派団体幹部が「タイに幸せを返すため、シャツの色を消す」などと述べた。タクシン派団体関係者はタクシン派のシンボルカラーである赤いシャツではなく、黒、白などのシャツを着用。式典の間中、表情は硬いままだったという。

 一方、英字紙バンコクポストが東北部ウドンタニ県のタクシン派団体幹部の話として報じたところによると、軍政はメンバーの身柄を拘束するなどタクシン派団体を弾圧する一方、反タクシン派団体による政治活動は制限していないという。
《newsclip》

特集



新着PR情報