RSS

イオン、ベトナムとカンボジアで長期残効型防虫処理蚊帳販売

2014年6月22日(日) 23時18分(タイ時間)
【ベトナム、カンボジア】イオンは21日、住友化学の技術協力で開発した感染症を媒介する蚊に対する殺虫効果・忌避効果を持つ蚊帳をベトナムとカンボジアのイオン店舗で発売した。

 住友化学が開発し、2001年に世界保健機関(WHO)が世界で初めて長期残効蚊帳としての性能を認めた技術を使用。殺虫剤を繊維の樹脂に直接練り込み、殺虫剤での再処理が不要で、洗濯が可能。効果は5年持続する。販売価格は19―35ドル。年間1万セットの販売を目指す。
《newsclip》

注目ニュース

【カンボジア】イオンがプノンペンに建設したショッピングセンター(SC)のカンボジア1号店「イオンモールプノンペン」が6月30日、同国のフン・セン首相臨席のもと、グランドオープニングセレモニーを行う。

【ベトナム】イオンは11日、同社のモール型大規模商業施設のベトナム1号店「イオンモールタンフーセラドン」をホーチミン市に出店した。

【タイ】タイ政府イノベーション庁(NIA)がタイ企業による革新的な製品を選ぶ「トップ10イノベーティブ・ビジネス2011」の表彰式が11日、バンコク都内のホテルで行われた。1位に輝いたのはバンコク...

特集



新着PR情報