RSS

ベトナム機、間違った空港に着陸

2014年6月23日(月) 18時09分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナムの格安航空会社、ベトジェットエアの旅客機が19日、社内の情報伝達ミスで目的地とは異なる空港に着陸していたことが分かった。タインニエン(電子版)が伝えた。

 原因は同社の運航管理担当者がハノイのノイバイ空港に駐機していたエアバスA320便の目的地を南部沿岸部のカムランから南部内陸部のダクラクに変更しながら、操縦士に適切な通知を行わなかったこと。

 その結果、操縦士は変更を知らずにカムラン空港に着陸。地上職員も問題の機体がダクラクに向かうものと思い込み、乗客を搭乗させていた。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】山西省南東部の長治王村空港で19日午前10時ごろ、中国東方航空(670/HK)の「MU2487便」が着陸時に滑走路をオーバーランした。

【アジア】リクルートの旅行情報部門であるエイビーロード・リサーチ・センターが2013年に海外に渡航した日本人4000人に航空会社40社の評価を聞いた「エアライン満足度調査2014」で、シンガポール...

【中国】中国南方航空(1055/HK)が近く、パイロットの賃金を引き上げる。機長クラスでは、平均年収がこれまでの77万人民元(約1252万円)から101万人民元(約1642万円)に拡大する見込み。調整幅は31.2%に上ると...

【ミャンマー】22日午前、シンガポール航空のシンガポール発ヤンゴン行き998便が大雨の中で着陸した際、滑走路を外れた。同便は到着ゲートまでけん引され、乗客・乗員は無事だった。ストレーツ・タイムズ(電...

【マレーシア】マレーシア航空は22日、経営難の同社が28日で営業を中止するとの風説が広がっていることについて、「平常通りに運航を続ける」との声明を発表し、安心を呼び掛けた。東方日報(電子版)が伝えた。

特集



新着PR情報