RSS

三菱商事、豪穀物会社買収

2014年6月24日(火) 14時01分(タイ時間)
【アジア】三菱商事は24日、シンガポールの農産物商社オラム・インターナショナルが保有するオーストラリアの穀物事業会社オラム・グレインズ・オーストラリア(OGA)の株式80%を融資金などを含め約64億円で取得すると発表した。

 OGAはオーストラリア東部ニューキャッスル港の輸出施設ニューキャッスル・アグリ・ターミナルの株式32・5%を保有し、年間100万トン超の穀物を取り扱っている。

 三菱商事はオーストラリアの100%出資子会社で配合飼料の製造、穀物集荷を手がけるリバリーナとOGAのシナジーを高め、競争力のある豪州産穀物の安定供給体制を構築する。

 オーストラリアはパン、麺類、菓子などの原料となる小麦の一大生産国で、東南アジア向けでは最大の輸出国。東南アジアでは人口増加と経済発展による食生活の西洋化に伴い、小麦需要が増加しており、地理的優位性のある豪州産小麦の重要性は今後益々高まる見通しだという。

 東南アジアを中心に新興国では中間所得層の急速な拡大を背景に生活必需品の需要が増大している。三菱商事はこのニーズを商機と捉え、国内外の有力企業と共に、インドネシアをはじめとする新興国で生活必需品のサプライチェーン構築に取り組んでいる。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】中国国土資源部は24日に発表した「土地整理白書」の中で、中国国内の耕地のおよそ5000万ムー(約330万ヘクタール)が中重度に汚染された状態にあると報告した。

【中国】政府系穀物買い上げ・備蓄機関の中国儲備糧管理総公司(中儲糧総公司)に対して実施した査察で、末端支部の汚職や腐敗が頻発しているといった問題が指摘された。

【中国】中国は穀物生産の増加を維持する能力が減退している――とする研究論文が米ビジネスサイト「Quartz」にこのほど掲載された。

特集



新着PR情報