RSS

中国:「銀行理財商品」の募集額は4割増、13年は1113兆円

2014年6月25日(水) 11時54分(タイ時間)
【中国】中国の各銀行が発行した「銀行理財商品」(高利回り金融商品)の資金募集規模は、2013年通年で68兆人民元(約1113兆円)に膨らんだ。前年比で37.9%の伸び。年間の利回りに関しては、0.3ポイント高い平均4.4%に上昇したという。

 中国銀行業協会が23日に発表した「2013年中国銀行業理財業務発展報告」で明らかにした。

 同協会は、「一口に理財商品といっても、銀行本体が直接販売する銀行理財商品と銀行窓口で代理販売される基金、保険、信託などを明確に区分すべき」と指摘。中国国務院が2013年末に「銀行理財商品は“影の銀行(シャドーバンキング)”でない」と定義した点を強調し、リスクに絡んだ問題は少ないと認識を示した。

 また、銀行業の収益機会を増大させるメリットも見逃せないと説明。理財商品の販売手数料収入などで構成される「非金利収入」の収入比率について、13年は銀行業全体で前年比3.0ポイント高い22.5%に拡大していると評価した。

 同協会はこのほか、国内商業銀行が発行した銀行理財商品の投資先に言及し、外貨運用型の比率が急ピッチに低下したと紹介。人民元為替レートに先高観が台頭するなか、外貨運用型理財商品の比率が13年は7.6→3.5%(↓4.1ポイント)に縮小したと報告した。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報