RSS

帝人、タイでタイヤコード製造

2014年6月25日(水) 13時13分(タイ時間)
【タイ】帝人(大阪市中央区)はタイにタイヤコードを製造する合弁会社を設立し、2015年10月に生産を始める計画だ。

 新会社は「テイジン・FRA・タイヤコード(タイランド)」。資本金3億8000万バーツで、帝人フロンティアが56・66%、帝人が10%、綾羽(大阪市中央区)が33・34%出資。

 帝人のタイ子会社でポリエステル繊維を製造するテイジン(タイランド)のタイ中部アユタヤ県バンパイン工業団地の工場敷地内に工場を設ける。年産能力1万6000トン、総投資額は11億3000万バーツ。

 帝人と綾羽の高次加工技術、帝人フロンティアのコンバーティング機能を組み合わせ、一般タイヤ用のポリエステルやナイロンのタイヤコードに加え、加工技術力が要求されるレーヨン、アラミド、PEN(ポリエチレンナフタレート)のタイヤコードを製造し、燃費向上などの観点から今後拡大が見込まれる高機能タイヤ向け部材に対応する。

 帝人はまた、タイで自動車用ホースコードの生産設備を増設する。タイ子会社で産業用ベルトコードを生産するテイジン・コード(タイランド)のアユタヤ県ロジャナ工業団地の工場で、2013年に立ち上げた自動車用ホースコードの生産が好調に推移していることから、自動車用ホースコードの生産設備を増強し、生産能力を約7割拡大する。2015年4月稼働の予定。投資額2900万バーツ。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】帝人は21日、自社開発したメタ系アラミド繊維の生産販売、およびポリカーボネート樹脂の販売を手がける全額出資子会社「テイジン・コーポレーション(タイランド)」(資本金7・3億バーツ)をタイに...

【ミャンマー】帝人フロンティアはミャンマーでの生産拠点確立、縫製の生産ライン確保を目指し、10月1日付でミャンマー最大の都市ヤンゴンに現地法人「帝人フロンティアミャンマー」(資本金5万ドル)を設立...

【タイ】帝人は世界最高レベルの優れた熱防護性と安定した高い染色性を持つ新規メタ系アラミド繊維をタイで生産する。警察、消防、製造現場などの防護衣料向けで、アジア、新興国の需要獲得を目指す。



新着PR情報