RSS

タイ軍政統治、前回より長引く 米国務省高官が見通し

2014年6月25日(水) 16時38分(タイ時間)
【タイ】米国務省のスコット・マーセル東アジア太平洋局主席副次官補は24日、米下院外交委員会アジア太平洋小委員会で、5月22日のクーデターで軍事政権が発足したタイの現状について答弁した。

 マーセル主席副次官補は過去10年タイで続いている政治的社会的な混乱について、最も単純化すれば、タクシン元首相の支持派と反対派の対立で、社会、経済、地理的な要因が絡み合っていると指摘。

 今回のクーデターについては、政治家、学識者、ジャーナリスト、反軍政デモ参加者らの身柄を拘束し、メディアの検閲を強化するなど、タクシン政権を追放した2006年のクーデターより抑圧的で、前回よりも軍政による統治期間が長くなるという見通しを示した。軍政がタクシン派と反タクシン派の和解を掲げていることについては、クーデターと抑圧で和解が達成されるとはみていない述べた。また、軍政がタクシン派の官僚、国営企業幹部の更迭を進める一方、通信事業などで外資規制の強化を検討していると指摘した。

 米国の外交姿勢については、選挙で指導者、政策を選ぶ民主主義の原則を支持し、クーデターへの反対を重ねて表明してきたと説明。クーデター後、タイに対する安全保障関連の支援470万ドルを凍結し、高官の交流、軍事演習、軍と警察の訓練プログラムを停止したと述べた。
《newsclip》

注目ニュース

タイ軍政に抵抗 地下潜伏のタクシン派党首が新組織newsclip

【タイ】5月22日のクーデター後、軍の出頭命令を拒否して行方をくらましたタクシン元首相派政党プアタイのジャルポン党首(前内相)は24日、タイ軍事政権に抵抗する組織を発足させたと発表した。ジャルポン...

【タイ】タイ国立開発行政研究院(NIDA)が20―21日にタイ全国で行った調査で、「暫定政権の首相に相応しい人物は?」という質問に、41・3%が軍事政権トップのプラユット陸軍司令官(60)を上げた。

「1984」読書の男性、「リスペクト・マイ・ボート」Tシャツの女性 タイ軍政が批判者を逮捕newsclip

【タイ】タイ字紙カオソッドなどによると、22日、バンコクの高架電車BTSサイアム駅とチッロム駅の周辺で、軍事政権に批判的な行動をしたとされる市民10人以上が検挙された。

タイ外務次官、日米大使と会談newsclip

【タイ】5月22日のクーデターで政権を掌握したタイ軍事政権は国際社会での孤立を防ぐため外交努力を続けている。

【タイ】タイの大手英字紙バンコクポストによると、昨年10月―今年5月の大規模な反タクシン元首相派政権デモを率いたステープ元副首相(元民主党幹事長)は21日、5月のクーデターでタクシン派政権を打倒した...

特集



新着PR情報