RSS

豊田通商、カンボジアでファイナンス・リース

2014年6月26日(木) 01時05分(タイ時間)
【カンボジア】豊田通商は25日、自動車、自動二輪、農業機械、建設機械などの購入にファイナンスリースを提供する販売金融会社をカンボジアに設立すると発表した。5年後で融資残高約70億円を目指す。

 新会社は「トヨタツウショウファイナンスカンボジア」。資本金400万ドルで、豊田通商グループが90%、カンボジアでタイヤ、自動二輪、農機などの輸入販売代理を手がけるクンヌングループが10%出資する。

 豊田通商とクンヌングループは2008年に自動二輪販売代理店、2009年に自動車販売代理店を合弁で設立した。新会社は豊田通商とクンヌングループが取り扱う自動車、自動二輪、農機、建機などを対象に、代理店と一体となって販売金融サービスを直接提供する。

 豊田通商はインドネシア、ケニア、モーリシャスで自動車販売金融事業を展開。
《newsclip》

注目ニュース

【カンボジア】りそなグループのりそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行は24日、カンボジアでの金融機能の提供などを目的に、カンボジアのカンボジア・パブリックバンクと業務提携すると発表した。

【ベトナム、カンボジア】イオンは21日、住友化学の技術協力で開発した感染症を媒介する蚊に対する殺虫効果・忌避効果を持つ蚊帳をベトナムとカンボジアのイオン店舗で発売した。

【タイ】タイの軍事政権が近隣国からの不法就労者を取り締まるといううわさが流れ、11日から16日にかけ、タイで働くカンボジア人労十数万人が帰国した。

【カンボジア】カンボジア・シェムリアップの村落でこのほど、井戸に落ちた紙幣3000リエル(約76円)を拾おうとして、住民7人が死亡するという悲劇が起きた。プノンペン・ポスト(電子版)が2日報じた。

【カンボジア】丸紅は2日、カンボジアで発電・送電事業に参入すると発表した。

【カンボジア】イオンがプノンペンに建設したショッピングセンター(SC)のカンボジア1号店「イオンモールプノンペン」が6月30日、同国のフン・セン首相臨席のもと、グランドオープニングセレモニーを行う。

特集



新着PR情報