RSS

「奴隷漁船から脱出」 タイ東部沖を漂流、ミャンマー人男性2人救助 

2014年6月27日(金) 19時09分(タイ時間)
【タイ】23日午後2時ごろ、タイ東部ラヨン県沖約7キロの海上で、タンクにつかまり漂流していたミャンマー人の男性2人(26、20)がタイ海軍の艦艇に救助された。

 2人は衰弱していたものの、比較的元気で、船上で食事をした後、東部チョンブリ県の病院で検査を受けた。

 2人は取り調べに対し、タイの漁船で働いていたが、タイ人船長に奴隷労働を強いられ、暴力を振るわれたため、このまま船にいたら殺されると思い、23日午前1、2時にごろ、海に飛び込んだと話している。
《newsclip》

注目ニュース

人身売買、奴隷労働 英紙のタイ漁業報道が波紋newsclip

【タイ】英紙ガーディアンが今月10日、タイの漁船に売られたミャンマー人、カンボジア人らが奴隷労働を強いられていると報じ、関与を指摘されたタイの食品大手が釈明に追われた。

【タイ】タイの軍事政権が近隣国からの不法就労者を取り締まるといううわさが流れ、11日から16日にかけ、タイで働くカンボジア人労十数万人が帰国した。

【タイ】タイ政府の報道官は20日、タイ人夫婦に奴隷状態で虐待を受けた少数民族カレン族の少女(12)がバンコクの国立ラマティボディ病院に入院し、治療を受けることになったと発表した。入院は半年から2年...

特集



新着PR情報