RSS

日立三菱水力、ラオスの水力発電所機電設備受注

2014年7月1日(火) 00時31分(タイ時間)
【ラオス】日立三菱水力は6月30日、メコン川の支流でラオス中部を流れるナムニアップ川に建設されるナムニアップ1水力発電所の機電設備工事一式を受注したと発表した。

 136メガワット・フランシス式水車発電機2台と18メガワット・バルブ式水車発電機1台で構成され、日立三菱水力は水車、発電機、制御装置、変圧器、開閉機器、その他周辺付帯機器の設計、納入から据付、試験までを一括で請け負うターンキー方式で設備を提供する。

 ナムニアップ1水力発電所はコンクリートダムとしてはラオス最大で、高さ148メートル、堤頂長530メートル、貯水量は日本最大の徳山ダム(6・6億立方メートル)の3倍以上、黒部ダムの約11倍。関西電力が45%、タイ発電公社(EGAT)が30%、ラオス政府が25%出資するナムニアップ1パワー社が開発し、大林組がダム本体、発電所、管理用道路などの土木建築を担当する。2019年1月に商業運転を開始し、電力をタイ、ラオスに供給する。
《newsclip》

注目ニュース

ラオス南部の発電ダム、年内着工 韓国企業が出資・建設newsclip

【ラオス】タイ政府系電力会社ラチャブリ・エレクトリシティー・ジェネレーティング・ホールディング(RATCH)によると、ラオス南部のセピアン・セナムノイ水力発電ダムの建設が年内に始まる見通しだ。

発電持ち株会社がタイ証取上場、ラオスのダムなどに出資newsclip

【タイ】タイのゼネコン(総合建設会社)大手チョーガンチャン(CK)・グループの発電事業持ち株会社CKパワーが18日、タイ証券取引所(SET)に上場した。銘柄コードは「CKP」。公開価格13バーツ、...

タイ・ゼネコン大手チョーガンチャン、ラオスで水力発電所建設newsclip

【ラオス、タイ】タイのゼネコン(総合建設会社)大手チョーガンチャン(CK)のラオス子会社ナムグム2パワーは8日、ラオス政府とラオスのナムバク水力発電所(出力160メガワット)の開発契約に調印した。

【ラオス】東芝は13日、中国のグループ会社東芝水電設備(杭州)がラオスのナムオウ川流域に建設されるナムオウ第5水力発電所向けの8万キロワット水車発電機3台を中国の中水電海外投資から受注したと発表した。

【ラオス、タイ】タイ国営石油会社PTTはラオスの首都ビエンチャンから約90キロのナムリク川に出力64・7メガワットの水力発電ダム「ナムリク1」を建設し、2016年8月に稼働する計画だ。タイのエンジ...

特集