RSS

KL―シンガポール高速鉄道、設置駅明らかに

2014年7月3日(木) 15時32分(タイ時間)
【マレーシア、シンガポール】マレーシアのクアラルンプール(KL)とシンガポールを結ぶ高速鉄道建設計画で、マレーシア陸路交通委員会はこのほど、途中駅を設置する構想をまとめた。シンガポール紙ストレーツ・タイムズが伝えた。

 途中駅の設置が予定されているのは、北からセレンバン(ヌグリスンビラン州)、アイルケロー(マラッカ)、ムアル、バトゥパハット、ヌサジャヤ(以上ジョホール州)。

 開通後のクアラルンプール―シンガポールの所要時間は、通関時間を含め2時間半、うち走行時間は1時間半が見込まれる。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア・シンガポール】マレーシアのナジブ首相とシンガポールのリー・シェンロン(李顕龍)首相は7日、マレーシアの行政首都プトラジャヤで会談し、マレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道の終着駅の候...

【タイ】昨年11月に国会を通過した運輸交通インフラ整備のための資金2兆バーツの調達法案が違憲だとして、野党民主党が訴えた裁判で、憲法裁判所は12日、原告の主張を認め、同法案を違憲とする判決を下した。

【タイ】運輸交通インフラ整備のための資金2兆バーツの調達法案に憲法裁判所が違憲判決を下したことについて、タイ不動産協会のポンナリット会長は13日、地方の地価下落が避けられないという見通しを示した。

【中国】中国高速鉄道の営業距離は、2013年末時点で1万1028キロメートルに達し、世界最長を更新した。建設中の高速鉄道は1万2000キロに達し、同様に世界最長となっている。国家鉄路局が5日に明らかにした。

特集



新着PR情報