RSS

中国:自動車セールス満足度、高級車分野はアウディが首位

2014年7月4日(金) 11時59分(タイ時間)
【中国】米調査会社J.D.パワーはこのほど、中国消費者の自動車セールスに関する満足度を評価する「中国自動車販売満足度研究(SSI)」の2014年版リポートを発表した。

 総合指数は674に達して、前年(649)に比べて25ポイント上昇。メーカー別にみると、高級車分野ではアウディが793でトップだった。大衆車の分野では、北京現代(772)と東風シトロエン(772)が同列1位。これに東風日産(765)が続いた。

 メーカーを国・地域別にみると、韓国系の満足度指数が762で最高。大衆車分野では平均を91ポイント上回った。

 また高級車の総合満足度指数は、大衆車のそれを35ポイント上回る水準。昨年の18ポイントからさらに差を広げた。

 同指数はセールス員の応対、販売店の施設環境など6指標を総合評価。1000を満点とする。14年の調査は、13年7月~14年2月にかけて新車を購入した消費者(リースも含む)1万5388人を対象とした。総じてみると、セールス員の応対について、タブレット端末やスマートフォンを使った商品説明が「分かりやすい」と好評価を得ている。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報