RSS

中国:新発見の鍾乳洞に住民ら殺到、「鍾乳石」持ち去る

2014年7月6日(日) 21時07分(タイ時間)
【中国】雲南省昆明市内でこのほど新たに発見された鍾乳洞に周辺住民らが押し寄せ、珍しい形をした鍾乳石を持ち去られる騒動が起きた。

 これを売って一儲けしようとする金銭目当てが大半。自分の部屋に飾る目的で持ち去った人もいた。住民の安全確保と自然保護のため、かけつけた警察らが鍾乳洞の入口を閉鎖した。雲南網が3日付で伝えた。

 この鍾乳洞は、昆明市の採石場で爆破作業が行われていた5日ほど前に偶然に発見された。住民の標的となった珍しい形の鍾乳石の名は「巻曲石」。その名のとおり、地面から上に向かって曲がりくねって伸びている。ふつうの鍾乳石が垂直形であるのに対して、そのめずらしさが人気の理由となっている。

 転売の相場は300人民元(約5000円)程度。住民の中には、電動カッターを持ち込んで、ワゴン車で4台分の量を運び出す本格的なグループもいたという。

 知らせを受けた警察は、鍾乳石を運び出すのは“窃盗行為”であると住民たちに説明。鍾乳洞の入口を作業員に命じて閉鎖させた。

 雲南省地理研究所のある専門家は、「この『巻曲石』が国の自然資源保護基準に該当する場合には、さらなる保護措置が採られるだろう」と話した。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報