RSS

ウェスティングランデスクンビットバンコク 吉左右Kisso

2014年7月7日(月) 16時21分(タイ時間)
ウェスティングランデスクンビットバンコク 吉左右Kissoの画像
ウェスティングランデスクンビットバンコク 吉左右Kisso
ウェスティングランデスクンビットバンコク 吉左右Kissoの画像
ウェスティングランデスクンビットバンコク 吉左右Kisso
ウェスティングランデスクンビットバンコク 吉左右Kissoの画像
ウェスティングランデスクンビットバンコク 吉左右Kisso
ウェスティングランデスクンビットバンコク 吉左右Kissoの画像
ウェスティングランデスクンビットバンコク 吉左右Kisso
個室完備かつ独創的和食処
大事なお客様との大切な商談兼食事会はKissoへ

【タイ】日本人出張者も多いバンコク高架電車BTSアソーク駅駅前のウエスティングランデスクンビットホテル。長年日本人ビジネスマンに支持されてきたこちらの和食処「吉左右Kisso」がモダンに、そして料理長米川氏によって全く新しいコンセプトで生まれ変わって早1年半。ランチタイムは在タイ日本人マダムで毎度満員御礼、その実力と価格の魅力が証明されている。

 ビジネスマンの接待ならまず何と言っても気になるのが「個室があるかどうか」。Kissoは4つの完全個室を擁し、大事な会話も落ち着いてゆっくりとかわせる。

 また、バンコクの和食処でも唯一、30名ほどで利用できる会議室も用意しており「会議後そのまま会食」と言うスケジュールにも移動時間0分で対応できる。

 以前の吉左右はオーソドックスな和食をメインに設えていたが、生まれ変わったKissoは料理長米川氏の「海外の和食処だからと典型的な型にはまる必要はない」というカイゼンスピリッツを以った新規創造、そしてそれを形にしてみる実行力がふんだんに垣間見れ、「これは他では見たことがない!美しくそして旨い!」と一捻りも二捻りも違いが体感できる料理だ。このあたりの合格感は日本人マダムのランチ御用達ぶりでも伺い知れる。

 メニューの一例だが、夏野菜と夏の魚介類のサラダ。焼きアナゴ、北海道ホタテ、タコ、オクラ、キュウリ、トマトを盛り合わせにした旬のサラダ。一つ一つを丁寧に味わいながらフルーティーな純米大吟醸と合わせると「これぞ夏の大人の和食サラダ」と唸りながら味わえる一品だ。

 もう一つは生原酒おいしさを知っている人に是非おススメしたい組み合わせ。原酒で日本酒本来のコメの品質の良さや飲み心地の緩さを満喫、それの最高の肴は宮崎和牛とフォアグラの味噌漬け焼。ともすると脂っぽくなりがちな和牛とフォアグラを濃厚なみそ味で口当たりよく仕留めどんどんお酒が進む肴に昇華させている。

 また、今後は日本の酒造メーカーと提携しうまい日本酒をより良い価格で提供できるよう交渉中。数多いバンコク和食処の中でも群を抜いて美味、近い将来はそれに見合う最高の美酒が味わえるようになる。(料理は取材時参考メニュー。日本酒は菊水酒造提供)
《newsclip》

注目ニュース

今年ももう半分終わったようでもあり、まだ半分残っているような気のするこの頃です。幾分緩んできた気持ちを、ちょと引き締めるにはちょうどいい時期なのかもしれませんね。

特集