RSS

ネット通販の利用時間と移動端末利用、中国人が世界トップ

2014年7月14日(月) 12時24分(タイ時間)
【中国】インターネット通販に費やす週平均時間と、携帯電話など移動端末からのネット通販の利用頻度に関して、中国の消費者がいずれも世界首位にあることが最新調査で明らかになった。

 「インターネット通販の世界消費者動向に関するリポートとして米オンライン決済のペイパル(PayPal)が発表している。

 世界15主要市場の18歳から64歳までの消費者1万5015人を対象に調査。それによると、中国人消費者がネット通販に費やす週平均時間は387分(6時間27分)に達し、世界の平均(202分)を185分(3時間5分)も上回った。また、移動端末を通じたネット通販についても、中国人消費者の利用度は世界市場で突出したトップ。これを「利用しない」と答えた人はわずか10%にとどまり、世界平均の42%をはるかに下回っている。

 このほか、移動端末を通じた電子決済に対して、米国やドイツなど電子商取引発達市場に比べ、中国、ブラジル、ロシアなどの新興市場の方が消費者の受け入れ度が高い――と報告された。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報