RSS

中国:電子化加速で新聞離れ、デジタル出版は3割成長

2014年7月14日(月) 12時24分(タイ時間)
【中国】中国の新聞・出版業界でデジタル化(電子化)の流れが強まっている。インターネットでニュースを見る傾向が強まる中、新聞業界では既存の紙媒体の売り上げが減少。その一方で、ネット(デジタル)業界は3割成長を果たしている。中国新聞網などが9日付で伝えた。

 中国新聞・出版研究院が9日発表した「2013新聞業界分析報告」によると、同年の新聞の総発行部数は482億4000万部と前年並み。ただ発行総紙面数で見ると、前年に比べ5.1%減の2097億8000万枚(面)に減少している。全国紙は増加傾向にあるものの、地方紙が落ち込んでいる。

 収益面で見ると、新聞業界の売上総額は8.9%減の776億7000万人民元(約1兆2700億円)、利益総額が11.7%減の87億7000万人民元(1440億円)と、いずれも前年を下回った。

 このような“紙離れ”と対照的な動きが、デジタル出版。同出版の売上総額は、前年比31.3%増の2540億4000万人民元(4兆1700億円)と伸び、新聞・出版業界全体に占める割合は13.9%にまで高まっている。中でも音楽やアニメが前年比2.5倍に拡大した。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報