RSS

上期の対タイ外国直接投資申請14%減、2391億バーツ

2014年7月17日(木) 13時37分(タイ時間)
【タイ】タイ投資委員会(BOI)が1―6月に受理した外国直接投資案件の恩典申請は407件(前年同期619件)、投資予定額は前年同期比14%減の2391億バーツ(約7600億円)だった。

 申請があった外国直接投資案件の投資予定額が最も多かったのは日本で804・9億バーツ(194件)だった。他は米国366・8億バーツ(15件)、韓国135・7億バーツ(21件)、中国94・3億バーツ(9件)――。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】バンコク日本人商工会議所(JCC)の古賀会頭らは9日、タイ軍事政権の経済担当であるプラジン空軍司令官とバンコクの空軍本部で会談した。

【タイ】投資額2億バーツ以上の投資案件の審査・認可を担当するタイ投資委員会(BOI)本会議が18日、5月22日のクーデター後初めて開かれ、大規模事業18件について、減免税などの恩典付与を承認した。...



新着PR情報