RSS

マレーシア航空機、ミサイルで撃墜か

2014年7月18日(金) 09時52分(タイ時間)
【マレーシア】ウクライナ東部で17日に墜落したマレーシア航空17便について、ウクライナ内務省当局者は地対空ミサイルで撃墜されたとの見方を示した。マレーシア紙スター(電子版)などが伝えた。

 同当局者は旧ソ連、ロシアで開発された「BUK地対空ミサイル」が使用されたとの見方を示した。

 一方、マレーシアのナジブ首相は、墜落当時にマレーシア航空機から遭難信号は発信されなかったことを明らかにした。
《newsclip》

特集