RSS

タイ国王が軍政トップ謁見、暫定憲法施行

2014年7月23日(水) 16時07分(タイ時間)
タイ国王が軍政トップ謁見、暫定憲法施行の画像
タイ国王が軍政トップ謁見、暫定憲法施行
【タイ】タイ軍事政権による暫定憲法が22日、プミポン国王の承認を得て、施行された。

 新憲法の制定まで使用されるもので、全48条。骨子は▼国会の設置。議員は220人で、軍政が選び、国王が任命する。政党役員などは議員資格がない▼内閣の設置。36人の閣僚で構成され、国会が首相を、首相が閣僚を選び、国王が任命する▼国家改革案を取りまとめる国家改革議会の設置。議員は250人で、軍政が選び、国王が任命する▼憲法起草委員会の設置。委員は36人で、120日以内に憲法案をまとめる▼必要な場合は軍政が全権を掌握できる▼民選政権を倒した5月のクーデターの関係者全員に恩赦を与える――など。

 軍政トップのプラユット陸軍司令官は22日、中部プラジュアブキリカン県フアヒンのクライカンウォン宮殿でプミポン国王に謁見し、暫定憲法の承認を得た。プラユット司令官が公の場で国王に面会するのはクーデター後、初めて。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】バンコク日本人商工会議所(JCC)の古賀会頭らは9日、タイ軍事政権の経済担当であるプラジン空軍司令官とバンコクの空軍本部で会談した。

【タイ】3日夜、バンコク都内のホテルで開かれた米独立記念日を祝う米国大使館主催のパーティーに、前政権の閣僚らが出席する一方、プラユット陸軍司令官ら軍事政権幹部は招待されなかった。

【タイ】5月のクーデターで全権を掌握したプラユット陸軍司令官はテレビ演説などを通じ、政治、司法、経済、教育に渡る幅広い改革に取り組む姿勢を見せている。



新着PR情報