RSS

上半期のタイ人訪日64%増、33万人

2014年7月23日(水) 20時10分(タイ時間)
【アジア】日本政府観光局(JNTO)によると、今年1―6月に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同期比26・4%増の626万400人で、上半期として過去最高を記録した。

 国・地域別で訪日旅行者が最も多かったのは台湾で前年同期比35・1%増の139万1000人。次いで韓国127万6000人(前年同期比3・3%減)、中国100万9200人(同88・2%増)、米国44万6300人(同12・4%増)、香港42万1000人(同25・3%増)。

 東南アジア諸国はタイ33万600人(同63・8%増)、マレーシア11万6200人(同62・5%増)、シンガポール9万7900人(同17・5%増)、フィリピン9万1800人(同62・9%増)、インドネシア7万5400人(同15・6%増)、ベトナム5万9600人(同48・5%増)。

 6月に日本を訪れた外国人はJNTOの推計で前年同月比17・3%増、105万7100人だった。タイは77・1%増、3万6300人と、5月下旬に自国で起きたクーデターの影響を感じさせない伸びを示した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】米旅行雑誌トラベル+レジャーの読者投票による今年の観光都市ランキングで、前年5位の京都が初の1位になった。

【タイ】エイチ・アイ・エス(HIS)は25日、東京を訪れたタイ人旅行者にお勧めスポットや旅行に便利な情報を提供する行動支援スマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)アプリ「タッチ!トウキョウ」のサー...

【タイ】世界最大の旅行口コミ情報サイト、トリップアドバイザーがまとめた「旅行者による世界の都市調査」で、バンコクは「総合的な満足度」が対象の37都市中24位だった。

特集



新着PR情報