RSS

アシード、ベトナムのビール会社に出資

2014年7月23日(水) 20時11分(タイ時間)
【ベトナム】アシードホールディングス(広島県福山市)は23日、広島ベンチャーキャピタルと共同で、ベトナムのビール会社ハロンビール&ビバレッジの株式31・3%をデンマークのビール大手カールスバーグから取得したと発表した。取得額は明らかにしていない。

 出資比率はアシードが20%、広島ベンチャーが11・3%。ハロンビールの経営に参画し、清涼飲料の開発に取り組むほか、ハノイ周辺への販売網拡大を図る。

 ハロンビールはベトナムの国営企業として設立され、樽生ビールを中心に缶・瓶ビールを製造販売。工場はベトナム北部クアンニン省ハロン市の2カ所、販売代理店は約2000社。2013年度売上高は約8・7億円。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】アシードホールディングス(広島県福山市)は28日、ベトナムのホーチミン市に駐在員事務所を開設したと発表した。酒類および清涼飲料の製造に関する情報収集を行う。

【タイ】日本クラフトビール(東京都港区)は28日、ビール「馨和 KAGUA」をタイで発売する。現地の販売代理店を通じ、高級レストラン、バー、ホテルなどに販売する予定だ。

【タイ】キリンビールは21日、サンミゲルビールのタイ工場(タイ中部パトゥムタニ県)で「キリン一番搾り(KIRIN ICHIBAN)」を製造し、14日から本格展開を開始したと発表した。

【ミャンマー】オランダのビール大手ハイネケンは13日、ミャンマー人投資家とミャンマーに合弁会社を設立し、ビールを製造販売すると発表した。新会社は「APBアライアンス・ブルワリー」で、ハイネケンが5...

特集



新着PR情報