RSS

中国:台風9号が各地に爪痕、風力発電機の倒壊相次ぐ

2014年7月25日(金) 11時40分(タイ時間)
【中国】「過去41年来で最大の勢力」とされた台風9号(ラマスーン)が今月18日に上陸するなか、沿海部を中心に中国各地で風力発電設備が破壊されたことが分かった。

 海南省東北部の文昌風力発電所では、華鋭風電科技集団製の出力1.5メガワット風車33基のうち、3基が強風で被災。うち1基は倒壊した。これら風車は直径が70メートルに上る。

 広東省湛江市徐聞県の勇気発電所でも、直径77メートルの大型風車が被災。天威集団製の出力1.5メガワット風車33基のうち18基が損傷した。18基のうち15基は倒され、残り3基も深刻なダメージを受けている。

 台風9号の気圧は一時、910ヘクトパスカルにまで低下。最大風速は、毎秒当たり最高で65メートルを記録した。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報