RSS

三谷産業、ベトナムで車載用複合ユニット製品製造

2014年7月27日(日) 17時15分(タイ時間)
【ベトナム】三谷産業は9月をめどに、富士通のベトナム子会社でプリント基板を製造するフジツウ・コンピュータ・プロダクツ・オブ・ベトナム(FCV)と共同出資で、ベトナムに車載用複合ユニット製品の製造会社を設立する。

 新会社は「オレオール・ユニットデバイシズ・マニュファクチャリング・サービス(ADMS)」。資本金200万ドルで、三谷産業が68%、FCVが32%出資。南部ドンナイ省ビエンホア工業団地に工場を設け、2015年3月に生産を開始する予定。設備投資額は3億円。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】三谷産業(金沢市)のベトナム子会社オレオール・ファイン・ケミカル・プロダクツは同国南部ドンナイ省ロンタン工業団地に建設した第2工場で、5月中旬から、植物由来の機能性素材を製造する。

【ベトナム】三谷産業(金沢市)は自動車部品向け樹脂成形品を製造するベトナム子会社オレオール・ビジネス・コンポーネンツ&デバイシズの工場を増築する。需要増に対応するためで、投資額は約2・9億円。

特集



新着PR情報