RSS

アジア太平洋のPC出荷台数、第2四半期11%減

2014年7月27日(日) 17時16分(タイ時間)
【アジア】米調査会社IDCがまとめた4―6月のアジア太平洋市場(日本を除く)のパソコン出荷台数(速報値)は前年同期比10・5%減、前期比2%増の2430万台だった。

 メーカー別のシェアは1位が中国のレノボ(聯想)で26・6%(販売台数が前年同期比3・2%減)、2位米デル10・5%(同17・5%増)、3位米HP10・4%(同17・1%減)、4位台湾のエイサー(宏碁)7・6%(同19・5%減)、5位台湾のアスース(華碩電脳)6・7%(同11・5%減)。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】米調査会社IDCによると、第1四半期のタイ国内の携帯電話出荷台数は前年同期比7%減の570万台で、四半期ベースで初めて、スマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)が全体の半分以上を占めた。

【アジア】米調査会社IDCによると、タイ国内のパソコン出荷台数が減少を続けている。

特集



新着PR情報