RSS

新格安航空ノックスクート、年内のバンコク―日本就航目指す

2014年7月31日(木) 13時27分(タイ時間)
【タイ】タイ国際航空系の格安航空ノックエアとシンガポール航空傘下の格安航空スクートのタイ合弁会社ノックスクートは年内のバンコク(ドンムアン空港)―日本路線就航を目指している。日本の乗り入れ先は明らかにしていない。

 今年第4四半期中にタイと日本の航空当局の許可を取得し、許可取得から1カ月で運航を開始する予定。使用機材はボーイング777―200型機2機。9月に航空券の販売を始めたいとしている。

 スクートは9月1日から、バンコクの発着空港をスワンナプーム空港からノックエアの拠点であるドンムアン空港に移転し、ノックスクート、ノックエアとの連携を強化する。

 ノックスクートにはノックエアとスクートが49%ずつ、ノックエアの経営陣が出資する企業が2%出資。ドンムアンを拠点に中長距離の国際線を運航する予定で、現在、就航準備を進めている。

 同社が特に重視しているのが日本路線。日本政府観光局(JNTO)によると、今年上半期に日本を訪れたタイ人は前年同期比63・8%増、33万600人で、日本が昨年、観光目的で日本を短期訪問するタイ人に対し査証(ビザ)を免除したことを追い風に、急増している。一方、タイ観光スポーツ省によると、1―6月にタイを訪れた日本人はクーデターなどタイの政局混乱の影響で、20・7%減、58・3万人だった。
《newsclip》

注目ニュース

タイ格安航空ノックエア、無線インターネット可能にnewsclip

【タイ】タイ国際航空系の格安航空ノックエアは新たに導入したボーイング737―800型機を8月に就航させる予定だ。 

【タイ】5日、タイ南部のハジャイ空港で、タイ国際航空系の格安航空ノックエアの機内に乗客ではない男(45)が入り込む騒ぎがあった。

タイのノックエアとシンガポールのスクート、格安航空2社が合弁newsclip

【タイ】タイ国際航空系の格安航空ノックエアとシンガポール航空傘下の格安航空スクートはバンコクを拠点とする格安航空会社を合弁で設立することで合意し、16日、覚書に調印した。

【タイ】カナダの航空機メーカー、ボンバルディア・エアロスペースは19日、タイ国際航空傘下の格安航空ノックエアからターボプロップ機のQ400NextGen(86席)2機を受注したと発表した。最大で6...

【タイ】6日午前8時45分ごろ、タイ国際航空傘下の格安航空ノックエアのDD8610便、タイ北部チェンマイ発タイ東北部ウドンタニ行きサーブ340B型機(34席)がウドンタニ空港に着陸後、滑走路を外れ...

【タイ】タイ国際航空系の格安航空ノックエアがビキニ姿の女性を使ったセクシーなカレンダーを作成し、不適切だとして一部から批判が出ている。批判の多くは「タイのセックス産業を想起させる」というものだが、...



新着PR情報