RSS

マレーシア航空機、空港で危機一髪

2014年7月31日(木) 17時43分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア航空のオーストラリア・アデレード発クアラルンプール行き136便が29日午前、離陸待ちをしていたところ、管制塔から急きょ離陸中止を命じられた。

 当時はシンガポールのタイガーエアの旅客機が滑走路に着陸しようとしており、最悪の場合衝突の危険があったと報じられている。ストレーツ・タイムズ(電子版)が伝えた。

 タイガーエアも着陸をやり直し、管制当局は「ニアミス」に当たる状況ではなかったと説明している。
《newsclip》

特集



新着PR情報