RSS

日本政府、ミャンマーの工科大学拡充に26億円無償供与

2014年8月5日(火) 23時19分(タイ時間)
【ミャンマー】日本政府はミャンマーの工科系大学の拡充支援に25・8億円を無償供与することを決め、4日、国際協力機構(JICA)とミャンマー政府が契約に調印した。

 工科系の中核大学であるヤンゴン工科大学(ヤンゴン市)とマンダレー工科大学(マンダレー市)の6学科(土木工学科、機械工学科、電力工学科、電子工学科、情報技術工学科、メカトロニクス工学)で、教育・研究用の機材などを整備する。これらの機材を使い、毎年ヤンゴン工科大学で約700人、マンダレー工科大学で約500人の学生が学ぶことになる。

 ミャンマーでは国内総生産(GDP)に占める工業の割合が2003年の14・3%から2012年は32・1%に急増し、産業構造が農業から工業に移る兆しが見えつつある。こうした状況に対応するため、ミャンマー政府はヤンゴン工科大学とマンダレー工科大学を中核的研究拠点大学に指定し、2020年までに東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国と同等レベルの大学にすることを目標としている。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】日本政府はミャンマーに対し、3件、総額77億2300万円を上限とする無償資金協力を行うことを決め、5日、ネピドーでミャンマーのレイ・レイ・テイン国家計画経済開発副大臣と樋口建史駐ミャ...

【ミャンマー】日本政府はミャンマーのカヤー州ロイコー総合病院とシャン州北部のラーショー総合病院の老朽化した病院施設の建て替え、医療機材整備に34億5500万円を無償供与する。国際協力機構(JICA...

【ミャンマー】日本政府はミャンマーに対し、3件、総額約60億円の無償資金協力を行う。24日、ネピドーで丸山市郎在ミャンマー臨時代理大使とミャンマーのレイ・レイ・テイン国家計画・経済開発副大臣が交換...

日本政府、タイ北部のゴミ処理センターに189万バーツ無償供与newsclip

【タイ】日本政府はタイ北部ピッサヌローク県ムアン郡サモーケー区のごみ処理センター建設・リサイクル促進計画に188・5万バーツを無償供与し、3日、現地で計画の終了式、引き渡し式が行われた。

【カンボジア】日本政府はプノンペンにあるカンボジア最大の産婦人科病院、国立母子保健センターの拡張に11億9300万円を無償供与することを決め、26日、プノンペンで隈丸優次駐カンボジア大使とハオ・ナ...



新着PR情報